T7V - ニアフィールドモニター


T7V - ニアフィールドモニター
T7Vは、ニアフィールド環境での縦置き使用を念頭にデザインされた2ウェイ・スタジオモニターです。

T7Vには7インチのウーファーが搭載されており、39Hzまでの低域再生が可能です。高域の再生にはU-ARTトゥイーターが使用されており、最高25kHzまでの高域再生を提供します。U-ARTツイーターには、ADAM AudioのフラッグシップSシリーズモニターでも使用されているHPS(High-frequency Propagation System)と同様のウェーブガイドが使用されており、高域における均一な放射特性が実現されることで、非常に広いスイートスポットを提供します。これにより、限られたリスニングポジションに縛られることなく、自由に作業を行うことができます。

面取りされたT7Vのキャビネット後面には、丈夫なメタル・バックプレートに設置されたアナログ接続端子の他に、リア・ファイアリング型のバスレフポートが設けられています。U-ARTトゥイーターは20 W クラスDアンプ、ウーファーは50 W クラスDアンプによってそれぞれ駆動され、最大SPL 110dB(ペア)の再生能力を誇ります。T7Vの提供する幅広い周波数特性、高ダイナミックレンジ、優れたトランジェントレスポンス、広いスイートスポット、そしてそのコンパクトなサイズにより、音楽制作、映像ポストプロダクション、放送制作などの小規模なコントロールルームでの使用に適しています。また、その優れたコストパフォーマンスによって、予算の限られたプロジェクトでの使用にも最適です。よりディープな低域のモニタリングには、ADAM Sub8サブウーファーと組み合わせて使用することをお勧めします。

T7V ニアフィールドモニター
ウーファー
個数:1
バスケット直径:178mm / 7inch
コーン材質:ポリプロピレン
ツイーター
個数:1
タイプ:U-ART
ダイアフラム面積:2420mm2 / 4inch2
同等ダイアフラム直径:48mm / 1.9inch
速度変換比率:4:1
ダイアフラム重量:0.17g
ウェーブガイド:HPS
内蔵アンプ
個数:2
ウーファー:1
タイプ:PWM
出力(RMS):50W
ツイーター:1
タイプ:PWM
出力(RMS):20W
コントロール
入力感度:スイッチ切替え +4dBu/-10dBV
ゲインYes
高域シェルビングEQ:-2dB, 0dB, +2dB
低域シェルビングEQ:-2dB, 0dB, +2dB
入力コネクタ
アナログ:XLR, RCA
入力インピーダンス:10kOhm / 20kOhm
一般データ
パネル:背面
周波数特性:39Hz~25kHz
THD > 80Hz:0.5%
最大SPL@1m(ペア):≧110dB
クロスオーバー周波数:2.6kHz
最大消費電力:132W
重量:7.1kg
寸法(HxWxD):347 x 210 x 293mm
保証:2年間(延長保証有り)
付属品:パワーコード、クイックスタートガイド
高性能かつコストパフォーマンスに優れたモニター
ADAM Audioの新しいTシリーズは、高性能かつコストパフォーマンスに優れた、プロフェッショナルな2ウェイ・パワードスタジオモニターです。5インチウーファーを搭載したT5V、そして7インチウーファーを搭載したT7Vの2モデルから成り立っており、両モデルとも同じU-ART(Unique Accelerated Ribbon Tweeter)高域ドライバーを採用しています。面取りの施されたキャビネット設計、リア・ファイアリング型バスレフポート、内蔵DSPによるクロスオーバーとイコライゼーションの制御、そしてRCAとXLRに対応したマルチウェイ・アナログ接続が特徴です。T5VおよびT7VはADAM Sub7およびSub8サブウーファーと組み合わせて使用することが可能です。

幅広い周波数特性、高ダイナミックレンジ、優れたトランジェントレスポンス、そして広いスイートスポットを提供するTシリーズは、そのコンパクトなサイズを凌駕する優れた性能を備えています。音楽制作、映像ポストプロダクション、放送制作などの小規模なコントロールルームでの使用に適しています。コストパフォーマンスに非常に優れた価格設定により、Tシリーズのモニターは予算に限りのあるプロジェクトにも最適な選択肢です。
HPSウェーブガイドを備えた新開発のU-ARTツィーター
ADAM Audioのフラッグシップ製品であるSシリーズで採用されている多くの技術革新が、Tシリーズにも活用されています。Tシリーズの新しい1.9インチU-ARTツイーターは、AXシリーズおよびSシリーズでそれぞれ採用されているADAM Audioの象徴的なX-ARTおよびS-ARTツイーター技術がそのデザインのベースとなっています。U-ARTツイーターには、ADAM AudioのフラッグシップSシリーズモニターでも使用されているHPS(High-frequency Propagation System)と同様のウェーブガイドが使用されており、高域における均一な放射特性が実現されています。
新しいクラスDアンプとDSP制御によるルームEQ
Tシリーズモニターの両機種には、新しいクラスDアンプ(ツイーター用に20W、ウーファー用に50W)、ユニバーサル電源、そしてSシリーズの開発で確立された内蔵DSP技術に由来するクロスオーバー設計が搭載されています。T5VとT7Vのリアパネルには、XLRコネクタとRCAジャックが設備されており、それぞれ+ 4dBuのバランス入力と-10dBVのアンバランス入力に対応しています。入力の切り替えは、同じくリアパネルに設けられた切替えスイッチによって行うことができます。ユニバーサル電源の搭載により、T5VおよびT7Vは100〜240 V、50〜60 HzのAC電圧に自動的に対応することが可能です。これらの機能により、Tシリーズモニターは世界中のレコーディングシステムに容易に接続することができ、DAWインタフェースとの接続においても、バランス型、アンバランス型を問わず使用することができます。

ルームEQには2つの3段切替えスイッチが用意されており、フラットな設定の他に、それぞれ低域と高域を±2 dBでブースト/カットすることができます。このルームEQ機能を使用することで、棚、テーブルトップ、コンソールブリッジといった様々な設置場所に適応するよう周波数特性を調整することができ、また、近接した壁からの影響に対しても性能を微調整することができます。

PRODUCER & ENGINEER LEON KELLY - T7V

Run the Jewels、Action Bronson、Kaytranada、Flatbush Zombies、Danny Brownなど、業界のビッグネームと仕事をするLeon Kellyが、自身のキャリアやT7Vについて語ります(英語)

EASTSIDE SOUND STUDIO'S DUFF HARRIS - T7V

グラミー賞受賞エンジニアのMARC URSELLI氏に師事し、現在はNY州のEASTSIDE SOUNDでエンジニアとして活躍するDUFF HARRISのインタビュー動画(英語)

NEWVELLE RECORDS'S ELAN MEHLER - T5V

NY州でジャズとクラシックを勉強し、現在はパリでジャズレーベルNEWVELLE RECORDを共同運営するジャズミュージシャン/プロデューサーELAN MEHLERのインタビュー動画(英語)

MUSICIAN & PRODUCER KATIE GILCHREST - T5V

LAで活動し、RIPPLE MUSICからリリースするDOOM METALバンドHIGH PRIESTESSのギターボーカルKATIE GILCHRESTのインタビュー動画(英語)

SOUND DESIGNER & MUSICIAN KEVIN DROESE -T7V

サンフランシスコを拠点とし、EARPRINT IMMERSIVE IMCのサウンドデザイナーとしても活躍するミュージシャンKEVIN DROESEのインタビュー動画(英語)

PRODUCER & ENGINEER CHRIS HUGHES - T7V

サンフランシスコでフリーランスのエンジニアとして活動するCHRIS HUGHES。自身の活動とT7Vについて語るインタビュー動画(英語)

GRID DIVISION'S NOAH KILLEEN - T5V

GRID DIVISIONとして活動をするエレクトロニックミュージックのアーティスト、NOAH KILLEEN氏への動画インタビュー。音楽制作とT5Vについて語ります(英語)

ANTON KÜHL-JØRGENSEN - T7V

デンマークからLAに移住し、Ljay Currieとのコラボレーションなどを通じアーバンミュージックを探究する新世代のプロデューサーANTON KÜHL-JØRGENSENのインタビュー動画(英語)