Sub10 Mk2


Sub10 Mk2
パワフルな再生能力を持つSub10 Mk2とSub12は、あらゆるニア/ミッドフィールドモニタリングシステムの低域再生能力を それぞれ25Hz(Sub10)および22Hz(Sub12)まで伸ばすことができます。

コーンのエクスカーションが長くヘビーデューティーなボイスコイルを持つ頑丈なウーファーには、バスレフキャビネットを利用して 正確な低域再生を実現するために最適なチューニングが施されています。また、適切なサイズ/形状のダウンファイヤー 型バスレフポートにより、余計なポートノイズが起きることを回避しています。搭載されているPWMアンプは90%以上の高効率 を誇り、長時間のクリティカルなセッションでもオーバーヒートすることなく使用ができます。デイジーチェイン接続のために出力 端子が設けられており、必要な台数のサブウーファーを数珠つなぎに接続することが可能です。

両機種ともに非常に低い低域カットオフ周波数(Sub10:-3dB@25Hz および Sub12:-3dB@22Hz)とひずみのない高出力 音圧(Sub10:113dB@1m および Sub12:115dB@1m)を高い精度で融合させています。

Sub10 Mk2
                                   
ドライバー:260mm / 10inch
ボイスコイル直径:50mm / 2inch
コーン材質:corted paper
アンプ出力(RMS/Music):200W/300W
周波数特性:25Hz~150Hz
THD(全高調波歪)> 60Hz:≦1%
最大SPL(1m):≧113dB
クロスオーバー周波数:50-150Hz
入力コネクタ:XLR/RCA
入力インピーダンス:10kΩ
重量:21kg/46.3lb.
寸法(HxWxD):560x300x400mm
保証:1年間
Sub woofer シリーズ
ADAMのサブウーファーは、「完全なる忠実性に基づいた自然な音楽再生」という最大の目的を達成できるよう 設計されています。これは、すべてのADAMサブウーファーで並外れた低域パワーと正確かつ明瞭な再生能力が 融合されているということを意味しています。ADAM のSubシリーズは、多くの称賛を受けているADAMモニターの 明晰かつ透明なサウンドをさらに低い音域で補強するための最高のパートナーになります。

すべてのサブウーファーにはバランス接続(XLR)とアンバランス接続(RCA)両方のインプットおよびアウトプットを備えており、 また、コントロールパネルの搭載により様々な要求やルームアコースティックにも対応することが可能です。
コントロールパネル
すべてのサブウーファーには-60dBから+6dBまでのレベルコントロール、±180°の位相変換スイッチ、上限帯域用の可変 ローパスフィルター(50Hz-150Hz)、そしてサテライトアウト出力用に85Hzハイパスフィルター・スイッチが設けられており、 Dolby®がシアターサウンド向けに推奨する仕様を満足するとともにサテライトスピーカーの低域再生の負担を低減することが 可能です。さらに、サブウーファーの電源スイッチは手動もしくは入力信号の自動感知モードにてオン/オフすることができます(SIGNAL-ONもしくはCONTINOUS)
ADAM Audio Technology
ADAM Audio が設立されてまだ間もないころ、ADAM Audioのスピーカーはレコーディング業界の中でも音 にこだわりを持つ一部のベテランの間でしか知られて いませんでした。それから15年後、ADAMのスピーカ ーはあらゆるサウンドエンジニアのための卓越したツ ールとして、非の打ちどころのない名声を世界中で獲 得するまでに至りました。ADAMの製品がこれほどま でに成功した理由の一つは、スピーカーデザインに必 要とされる重要な要素において、確かな技術的進歩を 成し遂げたからだと言えるでしょう...
ADAM Audio が設立されてまだ間もないころ、ADAM Audioのスピーカーはレコーディング業界の中でも音 にこだわりを持つ一部のベテランの間でしか知られて いませんでした。それから15年後、ADAMのスピーカ ーはあらゆるサウンドエンジニアのための卓越したツ ールとして、非の打ちどころのない名声を世界中で獲 得するまでに至りました。ADAMの製品がこれほどま でに成功した理由の一つは、スピーカーデザインに必 要とされる重要な要素において、確かな技術的進歩を 成し遂げたからだと言えるでしょう。ADAMは上辺を飾 り立てるだけの技術革新ではなく、スピーカーデザイ ンの本質、つまり音に関連する本当の意味でのエンジ ニアリング技術において様々な革新を行ったのです。 これらの中でも、最も有名かつ基本的な技術革新 となるのが、ADAMが独自に開発したeXtended Accelerating Ribbon Technology(X-ART技術)で す。ADAMのベルリン本社にて手作業で生産されて いるX-ARTドライバーは、ADAM Audioの提供するモ ニタースピーカー全機種に搭載されています。この 50kHzまで伸びた高域特性を持つX-ARTツイーターに より、ADAMの自然でリアルな音楽再生が可能となっ ています。 エンジニアリング技術の向上はX-ART技術だけに限ら れたことではありません。ダイアフラムの素材やハイク ラスなパワーアンプの開発、ドライバーとキャビネット の組み合わせ、コントロールパネル等々、様々な要 素で技術が進化しています。
革新による優位性
ADAM Audioのスタジオモニターは、自分のミックスを評価 するために正確で妥協のないモニタリングツールを必要と するプロデューサーやエンジニアのために開発されました。 キャビネットのサイズという制限された条件のもとで、最も 自然かつリアルな音楽再生の実現を目指してADAMの設計 開発は進められています。ADAMの技術は電子音響トランス デューサー技術、綿密な設計ノウハウ、そして優れた材料の 選定における画期的な革新をその礎としています。ADAM Audioの持つ豊富な音響と音楽の経験によって生み出され た製品が、すでに十分なキャリアを持つ人々のみならず、次 世代のサウンドエンジニアの卵たちにとっても必要不可欠 なツールとなることを信じています。
Made in Germanyの精度
2008年、ADAMはより新しく大きな施設へと本社を移転しま した。ADAMの研究開発および製造は、このBerlin Neukolln に所在する本社工場にて同じ屋根のもと行われていま す。AXシリーズおよびSXシリーズの設計、組み立て、テスト、 梱包、そして出荷はすべてこの本社工場で行われており、 これは製品の最初の構想から出荷までの全工程がハイク オリティな品新管理の下で行われていることを意味しま す。ADAM Audioのスピーカーがプロフェッショナル・モニタ リングにおける最高峰のツールであるという主張を保証す るには、この方法以外の選択肢はありませんでした。ADAM 製品の高い品質は、製造から試験まですべてのプロセスを 一つ屋根のもとに集約し一貫した品質管理を行うことで維 持されています。
製造と測定
製造工程の品質管理と測定の精度は、ADAMの高い品質基 準を保つ上で非常に重要です。そのため、X-ARTツイーター およびX-ARTミッドレンジドライバーの製造および測定はす べてADAMの本社内の施設にて細心の注意のもとに手作業 で行われています。製品の最終テストには以下の検査項目 が含まれます:インピーダンス、絶対周波数特性、入力感度、 レファレンス基準に対する相対周波数特性、位相特性、トラ ンジェント特性、絶対位相およびハーモニックディストーショ ン。 ADAMではアクティブモニターに使用する電子部品の製造 も行っています。プラグイン式のアンプは名高いICEモジュー ルが基となっており、PWMパワーアンプや電源供給部に使 用されています。これにより、過度な熱の放出を抑え、90%増 の能率と高いパワーレベルを達成しています。また、X-ART のためにADAMによって新開発されたAB級アンプも施設内 の電子部品部門にて組み立てられています。部品の検査に は最新の設備が使用されており、高い検査水準が保証され ています。
スピーカー技術の推移
今日存在するスピーカーの99%以上に使用されているダ イナミック型ツイーターは、硬いコーンやドームに接続され ているボイスコイルを介して音を発生します。ドームの材質 にはファブリック、ポリアミド、またはアルミニウムが好まれ ています。しかし、この構造における避けがたい短所は、ツイ ーターとボイスコイルを組み合わせた質量が比較的大きく なることと、その強度が時間の経過によって落ちていく傾向 にあることです。前者は高周波帯域を制限し、後者は音響特 性全体を徐々に悪化させます。 すべてのスピーカードライブユニットは、その動作方式に関 わらずピストンのように働きます。つまり、ドライバーに対し 1:1の比率で空気を動かすのです。ここでの問題は、空気 の質量がドライブメカの質量より格段に小さいことです。そ の結果、空気とトランスデューサーは効果的に組み合わされ ているとは言えません。電気用語を使用すると、この状況は ソースとロード間のインピーダンスマッチングが悪い、と表 現できるでしょう。どちらの場合も(音響的と電気的)、力の伝 達が最善ではないということになります。 これらの問題を解決するため行われた初期の試みがリボン ツイーターであり、それは強力な磁界に設置された小型の アルミニウムリボンを電流が通過するというものでした。し かし、このデザインには能率とダイナミクスに制限があると いう欠点がありました。また、インピーダンスが非常に低い ため、ツイーターをドライブするために新たなトランスを必 要としたのです。さらに、ダイナミック型ツイーターの代替品 としてのその存在価値は、リボンツイーターが5kHz以上の 周波数でしか使用できない事実によって、ゼロに近くなって しまいました。なぜなら、制限された再生周波数帯域によっ て大切な音楽情報のかなりの部分が欠落してしまうからで す。その後20年程の間に、マグネットスタティック設計がそれ までのアルミリボンに取って代わりました。マグネットスタテ ィック設計では、アルミリボンがカブトン箔と共に使用され ています。このデザインの登場によって、ようやく通常のイン ピーダンスが達成され、新たなトランスを追加する必要はな くなりました。しかしながら、高過ぎるクロスオーバーポイン トとダイナミクス特性に関する問題は未解決として残ったの です。
ADAMモニタースピーカーのメリット
ADAMは、上記に述べた問題や、その他のスピーカーに関 する技術的な課題に対して、革新的な解決方法及び改善方 法を発見しました。X-ARTツイーターとX-ARTミッドレンジの 開発です。これは、ドライバーと空気の運動比率を飛躍的に 改善する、ADAMの専売特許とも呼べる技術です。特筆すべ き点は、これが単なる技術的な側面における進歩にとどまら ず、音楽再生において重要な役割を果たすということです。 ADAMが提供するこのモニタリングクオリティの向上によっ て、ADAM Audioは世界中の著名スタジオでリファレンスモ ニターとして使用されています。
X-ART Technology
X-ART(eXtended Accelerating Ribbon Technology)ツイ ーターとX-ARTミッドレンジは、Dr. Oskar Heil氏が開発した Air Motion Transformer技術に新しいアプローチを組み込 むことによって誕生しました。ADAMはDr. Oskar Heil氏によ る素晴らしいアイデアをベースに、未だかつて達成された事 のない音質を追及し、より優れた形状と素材を採用すること によって革新的な進歩を成し遂げたのです。X-ART技術は空 気を動かす運動学に対してまったく新しいアプローチを踏 んでおり、結果として音楽再生能力が飛躍的に向上していま す...
X-ART(eXtended Accelerating Ribbon Technology)ツイ ーターとX-ARTミッドレンジは、Dr. Oskar Heil氏が開発した Air Motion Transformer技術に新しいアプローチを組み込 むことによって誕生しました。ADAMはDr. Oskar Heil氏によ る素晴らしいアイデアをベースに、未だかつて達成された事 のない音質を追及し、より優れた形状と素材を採用すること によって革新的な進歩を成し遂げたのです。X-ART技術は空 気を動かす運動学に対してまったく新しいアプローチを踏 んでおり、結果として音楽再生能力が飛躍的に向上していま す。X-ARTの振動膜は折りたたまれたダイアフラムになって おり、音楽信号が加えられることによって縮小と拡大を繰り 返します。その結果、振動膜はアコーディオンの蛇腹のよう に運動し、空気は引き込まれそして非常に素早く押し出され ます。 ADAMのX-ART技術は従来型のドライバーに対し空気負荷 率において約4倍の改善を達成することで、従来型のピスト ン運動とそれに付随する不可避の問題を乗り越えることに 成功しています。X-ART技術の原理について分かりやすい比 喩を用いて説明してみましょう:人間が呼吸をするとき、胸部 の穏やかな動きに対して体内に出入りする空気は非常に素 早く動いています。これと似たように、X-ART技術ではダイア フラムが収縮/拡張を繰り返す際にそれ自体の動きよりも 素早く空気が折りたたまれたヒダに吸い込まれ、また吐き出 されています。この著しく優れた「モーター」によって、ADAM のX-ARTドライブユニットは今までに類を見ないほどトラン ジェントに優れた、明瞭な音楽再生を提供します。
ダイアフラムの分割振動を防ぐ
X-ARTツイーターの折りたたみ式振動膜は高域での分割振 動によって起きる動的制限を受けることがありませんので、 ドーム型やコーン型のボイスコイル式ツイーターで典型的 に見受けられる高周波数帯域におけるダイナミクス制限が 起きてしまうことがありません。さらに、X-ARTデザインでは ドライバーが直接外気に接触している為、冷却効率にも優 れています。
より広い面積=より大きなダイナミクス
X-ARTツイーターの見た目の大きさは1インチのコーン型ツ イーターと非常に似ていますが、展開されたX-ARTのダイア フラムはかなり大きいものになります。ピストン運動をする デザインでは、目に見える領域がアクティブな領域のすべて になります。一方、ADAMのX-ART技術ではダイアフラムを立 体的に折りたたむことでより大きいダイアフラム面積を確保 することが可能になっており、音響的に有効な面積を2.5倍 以上に増やすことに成功しています。
X-ARTツイーター
X-ARTツイーターは96dB/W/mという高い能率、非常にリニ アなインピーダンス値(3.9±0.21Ω)、完璧な位相特性、優 れた指向特性、そして強力なパワーハンドリング能力を持っ ています。 これらの数値は、X-ARTツイーターが技術的にも優れた信 頼性の高いソリューションであるということを証明していま す。X-ART技術は可能な限り高品質な音の再生を追及すると いうADAMの主たる目的の基礎を形成する重要な技術とな っています。
X-ARTミッドレンジ
既存の技術に対する明らかな優位性をもつX-ARTの原理 は、音楽的に最も重要な周波数帯域であるミッドレンジにも 応用されて然るべきでしょう。X-ARTミッドレンジは400Hzか ら20kHzまでの周波数帯域をカバーすることが理論的に可 能で、一般的なドーム型ミッドレンジユニットと比べ非常に 軽量なダイアフラムを持っています。これにより、X-ARTミッ ドレンジは見た目の面積よりも約3倍大きなダイアフラム面 積を確保することに成功しており、より優れた音の再生が可 能です。 X-ARTツイーターと同様に、X-ARTミッドレンジはボイスコイ ル技術では達成できない超リニアな位相特性を示します。 結果として、音楽再生に新たな基準を打ち立てる卓越した再 生能力を達成しています。
X-ARTツイーターの為に新開発されたAB級アンプ
新開発の技術には疑問点や難点が付き物です。新開発の X-ART技術も例外ではありませんでした。50kHzまで伸び た高域周波数特性が興味深い問題を引き起こしたので す。PWMアンプでは、モジュレーション帯域と可聴帯域を分 離する為にローパスフィルターが使用されていますが、この ローパスフィルターによって新しいツイーターの再生能力が 制限されてしまう可能性があることが判明したのです。
最良の組み合わせ
そこで、ADAMは新しいツイーターがその能力を十分発揮で きるよう、新しい高域用パワーアンプの開発へと乗り出しま した。新しく誕生したAB級パワーアンプでは歪みが著しく低 く(≦0.005% @50W, 2kHz–20kHz)、また素晴らしいダンピ ングファクターを達成しています。さらに、1MHz以上の内部 帯域が外部でリミッティングされており、このAB級アンプは 300kHzまで伸びる幅広い応答特性を獲得しています。これ により、卓越した明瞭さや余裕のある自然な高域の再生とい ったX-ARTツイーターの真価を発揮し、X-ARTツイーターは その能力を十分に発揮することが可能になりました。
Amplifiers and Woofers Technology
アンプに関連する技術はここ数年で、40年間ほど前に真空 管からトランジスタへと移行した時と比較できるような大き な変化を経験しました。新世代のアンプにもトランジスタは 搭載されていますが、信号を増幅する方法がまったく違う方 法へと変わったのです...
PWM方式
D級アンプと呼ばれるPWM(パルス幅変調)は、インプットさ れた信号を同じ高さで直角をなす連続した矩形波へと変換 します。波形の幅は時間の経過により異なり、その幅が音楽 信号を表現します。この技術は、トランジスタを変調機器とし て使用するのでなく、単に電源供給をオンオフするスイッチ として使う事により、信号の増幅をより容易に行うことを可 能にしました。 このタスクにはパワートランジスタを使用することがより 向いていますが、原理的に言えば素早い動作のメカニカル スイッチを使うことも可能です。PWMアンプが従来のAB級 アンプのように機能する理由は、ここに由来しています。ま た、PWMはビットやバイトとは関係がないので、PWMアンプ を「デジタルアンプ」と呼ぶのは誤解を招き易い表現なので 気を付けてください。
スタジオモニターにおけるPWMアンプの利用
PWMの原理は数十年前に発見されていましたが、音楽再生 の最先端で使用可能な品質を保ちつつ、高能率を維持でき るユニットの開発には時間が必要でした。ADAMではこの PWM技術をアンプモジュールとパワーサプライユニットに 利用しており(トランスは搭載されていません)、現在到達し うる最高技術水準の入力回路およびフィルター回路とこの PWM技術を組み合わせることで、最高品質のマルチチャン ネル・アクティブスタジオモニターの開発を実現しました。
効率と信頼性
PWMアンプの最大の強みはその高い能率性にあります。( >90%)。結果、放出される熱が従来の設計の5分の1にな っており、信頼性と耐久性が向上しています。
HexaConeウーファー
中域と高域におけるX-ART技術の非常に優れた再生能力に 遜色のない低域を実現するため、駆動方式は従来型ながら も非常に特殊な構造を持つウーファーを採用しています。
ケブラー素材
ケブラーは現在利用可能な合成素材の中でも最先端の素 材です。材料の伸張性における許容負荷が鉄の1000倍以上 の値にも耐え得る特性を持っており、コーンの変形や収縮に よって生じるネガティブな影響を防いでいます。また、この優 れた剛性により、コーンダイアフラムが分割振動を起こすこ ともほぼ不可能だと言えます。
統合されたパーツ
特に大型のモニタースピーカーにおいては、音量を稼ぐた めに低域の精度が犠牲にされてしまうことがしばしば見受 けられますが、ADAMのモニターは明瞭さを損なうことなく 大音量再生を実現することができます。X-ARTツイーターと X-ARTミッドレンジが高域と中域で行うように、ADAMのウー ファーも音を誇張することなく、リアリズムを持った優れた 精度で低域を再生することができます。これらすべてが統合 されることにより、ADAMモニターは様々な再生機器や環境 にも通用する理想的なモニタリングを提供できる製品とな っています。

画像