What's new? - ADAM Audioの最新情報

GALAXY BLAST MASTERING

エクストリームミュージックに特化したマスタリングスタジオ、GALAXY BLAST MASTERING様にS2Vを導入していただきました。ご自身もギタリストとして活躍され、その経験とノウハウから培われたテクニックにより唯一無二の音楽を「仕上げる」職人でもあるマスタリングエンジニアの橋本様にお話を伺いました。



GALAXY BLAST MASTERINGについて簡単な説明をお願いします。
2012年8月にGALAXY BLAST MASTERINGを設立しました。所有の自宅の一室をスタジオに改装しています。私自身はメタルバンド“INHALE”のギタリストとして活動していますが、バンドと並行してエンジニアとしても色々な案件に携わって来た中で、特に国内のこの辺のジャンルのサウンドには昔から良い印象が無く、より良くすべく自分が貢献できればという想いがあり立ち上げました。

今までどういったプロジェクトを手掛けられましたか?
インディーズのアーティストさんが多いですが、メジャーですとハードロックバンドのEARTHSHAKERさんやそれぞれのソロ作品なども2013年あたりから担当しています。他 Kelly SIMONZ氏、UNITEDさんのリマスター音源、最近では喜多村英梨さんなどの音源も担当させて貰っています。あとマスタリングがメインではあるのですが、GALAXY BLASTのサウンドに定評いただいたお陰でミキシングからの依頼も増えてきていますね。

スタジオを理想的なワークスペースにするためには、何が大事だと思いますか?
やはりルームアコースティックとモニターの調整ですね。当然電源環境やアウトボード、作業デスクなど当然ありますが、まずはやはりモニター関連です。最近はDAWの普及により個人でされたMIXを依頼される事も増えてきていますが、こちらの環境とは違いやはりモニター環境があまり良くないんだろうなというバランスで送られてくる事もあります。正しい判断を行う為にはそこの調整は不可欠ですから。あとは長時間作業する事になるのでリラックス出来る空間である事。私の場合は殆ど個人での作業になるので照明含め自分の好みで統一しています。

完璧なスタジオモニターの条件を上げるとしたら、どういった条件が思い浮かびますか?また、モニターを選ぶときには、どういった点を気にして選んでいますか?
設立後少ししてADAMのA7Xを導入したのですが、それまで使っていた某モニターに比べて格段に仕事のスピードも上がりました。モニターの条件として、調整した部分の差違が的確に分かる解像度が大切ですが、それを兼ね備えつつもリスニング用としてもとても音楽的で心地よいのがADAMのモニターの特徴だと感じます。マスタリングは大音量で作業を行いませんが、小さい音量、大きい音量共にバランス感が崩れないのがモニターには大切な要素ですね。

各メーカー、特性がフラットでクリアーなサウンドを追求すべくしのぎを削っていると思うのですが、自分が思う完璧なスタジオモニターとはひと言で言うなら使っていて「気分が上がるモニター」ですね。今回新たに導入したS2Vは完全にそれでした。デモ機をお借りして数時間後にはもう注文していましたから(笑)気分が上がるというのには全てを含んでいますが、モニターとしての機能はもちろんルックスや存在感、そして実質的な結果が想像以上でしたので。

あと今回からDSP搭載によりそれぞれの環境に合わせて細かくチューニングしていけるメリットは大きいと思います。最初はDSP搭載について懐疑的だったんですが、音聞いた途端に吹き飛びました(笑)それの効果なのか低域の解像度も格段に上がっています。ただ単にスペック上伸びているのではなく「ハッキリと見える」形でブーミーに鳴らずに低域が出てくれるので驚きました。色々なリファレンスとしている音源を改めて聴きましたが、各楽器の定位がより明確に位置してくれますし、奥行き感も具体的に”見える”ので明確にエンジニアの意図を感じるモニターです。リスニング用としても大変心地よいのでより音楽を聴くことの喜びを再確認させてくれるモニターです。



ADAMモニターを初めて聞いたのはどこでしたか?初めての印象を覚えていますか?
初めてADAMのサウンドを聞いたのは楽器店に置いていたA7Xなのですが、試聴させてもらって「うぁ!!」と声上げましたね冗談じゃなく。特にリボンツイーターが今まで聴いてきた高域のニュアンスと違い、しっかり出ているんだけどとても綺麗に上まで伸びていて定位もしっかり確保できつつ、しっとり滑らかで耳が疲れにくい。人の耳は長時間作業で酷使すると必ず疲れて来ますから、この点に於いてもメリットは高いと感じました。

スタジオのモニタースピーカーににADAMを選んだ決め手は何でしたか?
知り合いの複数のエンジニアからも薦められてた点、試聴してこれまでに無く具体的に音像が把握でき、自分のイメージに完全にフィットするモニターだと感じたので選ばせてもらいました。


これまでどういったプロジェクトでADAMのモニターを使用しましたか?また、ADAM S2Vを実際に使用してみた感想はいかがですか。
設立初期以降はずっとADAMオンリーです。チェック用に民生用スピーカーなども鳴らしたりしますが、一瞬でADAMに戻します(笑)私の中で完全なリファレンスモニターとして信頼出来ているのですが、作業後も他のモニターで試聴しても大きくイメージが損なわれる事は無かったですね。ミキシング、マスタリングどちらも的確に設定した内容を判断出来るので作業にストレスが溜まりません。

クライアントの方々からの評価はいかがですか?
ミキシング、マスタリング共に大変好評いただいております。これもADAMの安定したバランス感のお陰で後押しして貰っていると感じています。

橋本様、どうもありがとうございました!



GALAXY BLAST MASTERING: http://www.galaxy-blast.com/